【経験談】月間100万PVのブログのアドセンス収益は?

アバター / ブロガー兼Webデザイナー
100万PV アドセンス 収益

こんにちは、いっちーです。

gimon_woman _doll
月間100万pvのブログのアドセンス収益が気になる。やるからには月間100万PVを目指したいので、どれくらい稼げるか知りたいです。

今回は、こういった疑問に答えます。

本ページの目次

  1. 月間100万PVのブログのアドセンス収益は約40万円
  2. アドセンスのブログのジャンルを選ぶポイントは?
  3. アドセンスの収益率を高めるために行ったこと
  4. まとめ:アドセンスのルールはとてもシンプル

ちなみに、この記事を書いている僕はブログ歴4年。
月間300万PVのブログのほか、複数のブログを運営しています。
毎月のブログからの収益は7桁ほどです。

月間100万PVのブログのアドセンス収益は約40万円

100万PV アドセンス

タイトルのまんまですが、100万PVのブログでアドセンスの収益は約40万円でした。

アドセンスの一般的な収入の目安は、「PV数 × 0.2〜0.5」と言われています。
見ての通り、その目安にちょうど当てはまる金額ですね。

特別平均より稼いでいるわけではないですが、アドセンスのみのブログで考えれば、それなりに悪くない数字だとは思っています。

ちなみに、ブログのジャンルは?

ざっくりいうと、「趣味系」です。

選んだ理由は2つありまして、

・自分が書けそうだった
・月間数十万回は検索されているキーワードだった

というもの。

当時、「1年で100万PVのブログを作る」が目標でした。
なので、その目標を実現できそうなジャンルを最初から狙っていった、という感じです。

もっとも、収益率のことを考えれば、「不動産」や「脱毛」など、アドセンス中でもクリック単価が高く稼ぎやすい、と言われているジャンルを狙うべきでした。
ただ、そういったジャンルはどうしても競争が厳しくなります。

当時の僕は絶対にブログで成功したかったので、あえて競争が厳しいジャンルは避けることにしました。
結果的に、その判断は間違ってはいなかったと思います。

※ちなみに100万PV至るまでのPVと記事数の推移については、「1年で100万PVのブログを作った時の記事数・PVの推移【初心者向け】」で詳しく取り上げています。

アドセンスの収益は「ジャンル選び」で9割決まる

アドセンスの収益は最終的にはPV、つまりアクセス数をどれだけ伸ばせるかにかかってます。
そして、アクセス数は、参入するジャンルの市場規模によってある程度決まってくるのです。

有名なアドセンスの指南書「Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]」では、『アクセス数は「テーマ選び」で9割決まる』と言い切っています。
※ここでいうテーマとは、ブログのジャンルのこと。

言い換えれば、アドセンスの収益はジャンル選びによって9割決まる、ということです。

もしこれからアドセンスを始められるのだとしたら、ジャンル選びには徹底的にこだわりましょう。

アドセンスのブログのジャンルを選ぶポイントは?

アドセンス ジャンル

次の3つです。

  • ①アフィリエイトでは稼ぎづらいジャンル
  • ②流行に左右されないジャンル
  • ③自分の興味・関心の高いジャンル

①アフィリエイトでは稼ぎづらいジャンル

先ほど触れた、不動産や脱毛のほか、クレジットカード、転職など、アフィリエイト広告の単価が非常に高いジャンルは、上位表示が非常に難しいです。

仮に、アドセンスの報酬10万円を稼ぐなら、最低でも20~30万PVのブログに育てる必要があります。
が、競合の強いジャンルだと、これは容易なことではありません。

もっとも、最初からアフィリエイトに特化して稼ぐか、アドセンスとアフィリエイトを併用するつもりなら話は別です。

あくまでも、アドセンスをメインにしたブログを始めるなら、アフィリエイトの競合が少ないジャンルを探しましょう。

②流行に左右されないジャンル

アドセンスで稼ぐなら、流行に左右されないジャンルを狙いましょう。

「え、むしろ流行に乗った方がアクセスを集めやすいのでは?」
と思われるかもしれませんが、流行に乗った記事によって集めたアクセスは、流行の終わりと共に縮小してしまいます。

そのような一過性の記事がいくら集まっても、ブログのアクセスは安定しません。
アドセンスをメインとしたブログにおいて、アクセスが安定しないこと = 収益が安定しないことを意味します。

書けば書くほどアクセスも収益も増えていく、という状態を作り出すためにも、流行に左右されないジャンルを狙うのは鉄則です。

③自分の興味・関心の高いジャンル

当たり前のことではありますが、アドセンスのブログは興味・関心の高いジャンルを選ぶべきです。
なぜなら、ブログのPVを増やそうと思うと、ある程度の記事数を書いていく必要があります。

稼げるからといって興味も関心もないジャンルを選ぶと、その途中でリタイアしてしまう可能性がぐんと高くなってしまいます。

ちなみに、僕のブログは1年で274記事書いて100万PVに到達しました。

そんな長期間を、興味のない記事を書くことに費やすなんて、結構な地獄だと思いませんか・・・。

中には株式会社ウェブライダーのように43記事で100万PVというブログもありますが、それだって運営期間は1年です。

アドセンスについては、ある程度長い期間運営しないと結果を出すことは難しいと言えます。
なので、少なくとも興味・関心のあるジャンルを選んで記事を書くのが、長続きさせるシンプルな秘訣です。

理想としては、これまで人生で培ってきた経験が活かせればベストですね。

アドセンスの収益率を高めるために行ったこと

アドセンス 収益 改善

月間100万PVに到達するおよそ半年前、そのブログのアクセスは月間10万PVほどでした。
実はその時点での収益は3万円に満たない状態です。

先ほどご紹介した「PV数 × 0.2〜0.5」の範囲内ではあるのですが、やや収益率が低めでした。

「このままいくと、仮に月間100万PVに到達できたとしても、月収で30万円にも満たないのか…。」

アドセンスの収益率に焦りを感じ僕は、他のブログを参考に改善を図り始めました。
ここではその時に試して効果のあった方法をご紹介します。

広告の数を増やす

アドセンスの広告をなるべく多く設置する

これ、シンプルですが確実に効果が上がる方法です。
単純に広告の数が増えると、それに比例して広告のクリック数も上がるからです。

GoogleでAdSenseの担当者だった石田健介氏の著書「元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense」でも、広告数について次のように取り上げています。

クリック数を増やすために有効と考えられる手段のひとつは、広告ユニットの数を増やすことです。
2016年9月から、1ページ内に実装できる広告ユニットの数に制限はなくなりました。コンテンツの分量にもよりますが、可能な範囲で、広告ユニットの数を増やしましょう。3つ以上を目安にしてください。これらの広告ユニットをいかにクリックされるところに配置できるか、が大きなポイントとなってきます。

上の説明では「広告の数は3つ以上が目安」、としていますが、2000字以内の記事であれば3つまでとした方が無難だと思います。

2,000字に満たない記事に4つも5つも広告を貼ると、「コンテンツよりも広告が多い」とGoogleに判断されるとペナルティを食らう恐れがあるからです。

個人的には、1,000〜2,000字の記事には3つまで。
2,000〜4,000字なら4つまで。
4,000〜6,000字なら5つまで。

を目安に広告を貼るようにしています。

また、アドセンスは広告の種類やサイズも豊富に用意されていますが、基本的にはディスプレイ広告でレスポンシブを選んでおけば、間違いないと思います。

あと、特に理由がない限り、自動広告でアンカー広告、モバイル全画面広告を有効にしておくのがおすすめです。
(広告の表示回数を増やせるので、収益アップに繋がる可能性が高まります)

記事中に広告を配置する

広告を貼る位置は記事中がおすすめです。
僕の場合、次の記事を参考にしました。

ままはっくのGoogle AdSenseの位置を公開。コピペでOK!記事本文中にアドセンスを差し込む方法【WordPress】

少し古い記事ではありますが、非常に参考になる記事だと思います。

実際、この記事で言われているように、本文の見出しの上に広告を配置するようにしたところ、30%程度収益が改善しました。

それまでは本文中に広告があると個人的に邪魔だと感じていたので、記事の上や記事の下に広告を配置していたのですが、試してみたところ、効果てきめんでしたね。

思い込みを捨てて、試してみる価値ありの方法だと思います。

スマホのサイドバーのコンテンツを減らす

最後も、アドセンスのクリック率を改善する手法です。
当時、以下の記事を参考にしていました。

これは盲点!スマホのサイドバー削除でアドセンスの単価・クリック率・収益が向上!

上記記事でも指摘されているように、スマホ表示の場合、サイドバーにたくさんコンテンツがあると、ページがかなり縦長になります。
この状態だと、広告を貼っていても、他のコンテンツに埋もれてしまって目立たない…ということになりがちです。

そこで、スマホの場合のみ、サイドバーの表示を消すことでコンテンツ数を意図的に減らし、広告を目立たせよう、というわけですね。
おそらく、ほとんどのブログでPCよりもスマホからの閲覧者が7〜8割いるのではと思うので、スマホでの広告表示は超重要です。

こちらもぜひ試してみてくださいね。

まとめ:アドセンスのルールはとてもシンプル

アドセンス 簡単

アドセンスの収益は、最終的に「どれだけPVを集められるか」にかかっています。

これから成果報酬のアフィリエイトならそうはいきません。
ただPVを集めるだけでなく、集めたPVを収益につなげるところまでが仕事の領域になります。

案件選びに始まり、セールスライティングのスキル、ASPとの関係を構築するスキル、などなど、より幅広い能力やスキルを求められます。

それに比べると、アドセンスは収益に最も大きな影響を与える要素がほぼPVのみ。
とてもシンプルなルールなのです。

まずは「PVが見込めるジャンル選び」に集中すること

そして、そのPVもブログのジャンル選びでほとんど決まってきます。
これからジャンルを選ぶなら、ぜひ本記事の「アドセンスのブログのジャンルを選ぶポイントは?」のところを参考にしてみてくださいね。

なお、すでにジャンルを選びが済んでいる場合は、そのジャンルがどれだけのPVが見込めるのかを把握しているかが重要です。
もし把握できていないのなら、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べ、あらためてリサーチしておきましょう。

万が一PVが見込めないジャンルを選んでいたとしたら、その周辺のジャンルで検索数が多いジャンルを探してみることです。
ここはとても大事なところなので、まとまった時間をとって行うのがおすすめですよ。

それでは、今回は以上です。