ブログの向き不向きなんて無視してOK【最初からわかるはずがない】

アバター / ブロガー兼Webデザイナー
ブログ 向き不向き

こんにちは、いっちーです。

giomon_man
ブログにも向き不向きがあるの?副業にはブログがいいって聞くけど、なんか自分には向いてない気がする…。ブログに向いてる人、向いていない人の特徴とかがあるのなら知りたい。

今回はこういった疑問にお答えします。

本ページの目次

  1. ブログの向き不向きなんて最初は無視してOKです
  2. 「あの時ブログを続けていれば・・・」と後悔しないために
  3. まとめ:考えるよりもまずは手を動かしてみよう

ちなみにこの記事を書いている僕は、ブログ歴4年。
月間300万PVのブログの他、複数のブログを運営中しています。
ブログからの収入は月7桁ほどです。

ブログの向き不向きなんて最初は無視してOKです

ブログ 向き不向き 関係ない

特に、ブログを書き始めた頃は、ブログの向き不向きなんて気にしても仕方ありません。
なぜなら、ブログの向き不向きがわかるには、半年から1年くらいは続ける必要があるからです。

実は、ブログで7桁稼ぐ僕も、これまで2度ブログに挫折してます。
理由は簡単で、途中で「向いていない」と思ってやめてしまったからです。

1度目の挫折:大学1年生の頃

もう15年ほど前の話ですが、当時携帯用のブログサイトを立ち上げに挑戦しました。
夏休みを使って毎日作業したおかげで、たしか初月で1万円弱は稼げたと思います。

ですが、家に引きこもって作業するのがあまりにも辛く、結局1ヶ月だけでギブアップすることに。
「家で閉じこもって黙々と作業するなんて、自分には向いていない!」と当時は本気で思っていました。

2度目の挫折:社会人1年目の頃

会社員の仕事に少し余裕が出てきたので、副業として再びブログに挑戦しました。
月に数万円のお小遣いが入ればいいな、くらいの気軽な気持ちだったと思います。

でも、無料ブログを開設して、10記事も書かないうちに挫折しました。
「せっかくの土日を家で閉じこもって過ごすなんて…やっぱり無理だー!」
と、早々にあきらめた記憶しかありません。

この時も、「自分にはブログは向いていない」と強く感じたものです。


この2度の挫折経験は、両方とも以下のサイクルを繰り返しています。

ブログが続けられない→向いていないと思う→途中でやめる

それに対し、3回目にブログに挑戦した時は、「1年で月間100万PVのブログを作る」という目標を掲げ、1年歯を食いしばって続けてみました。

※当時のことは、1年で100万PVのブログを作った時の記事数・PVの推移【初心者向け】で取り上げていましたので、よろしければぜひ。

そうやって、向き不向きなんて気にせずに、1年ブログを続けた結果、今に至ります。

なので、「ブログの向き不向き」なんて最初は無視してOKです。
そんなことは脇に置いて、1年くらいブログを続けてみましょう。

そうしないと、本当にブログが向いているのか、向いていないのかなんて誰にもわかりませんよ。

ブログは本気でやらないと結果は出ない

ここで少し厳しいことを言いますが、ブログは本気でやらないと結果は出ません。
副業にしろ、専業にしろ、片手間でブログを書く感覚では、今のブログ市場ではなかなか成果は望めないです。

ブログの市場は、今まさに戦国状態です。
副業が浸透したことで個人ブロガーが増え、さらには企業が巨額の資金を投入して自社の媒体(オウンドメディア)を持つのが普通になりつつあります。

検索順位はどんどん権威性を重視するようになり、医療などの分野では医師が執筆、あるいは監修したコンテンツしかほぼ上位表示はされない状態です。

読者を満足させる良質な記事を書くことに加え、専門的な立場から発信することが求められる流れは、今後もますます加速するでしょう。
そんな中で結果を出すのは、、、無理ではないですが本気でやらないとキツイと思います。

ちなみに、「本気でやる」とは、最低でも週に3記事以上、できれば毎日記事を更新するということです。
そのためには、少なくとも1日2〜3時間は最低でもブログを書く時間を作る必要があります。

また、Webマーケティングや、ライティングなど、ブログ運営に必要な知識を学んでいくことも大事です。
ブログに向いていようが、向いていまいがその時間を作れない限り、成果を出すこと自体が難しいでしょう。

「あの時ブログを続けていれば・・・」と後悔しないために

ブログ 後悔

少し厳しいことを言いましたが、それでもブログに興味があるのならすぐにでもやってみるべきです。
あるいは、すでにブログをすでに書き始めているぜひ継続しましょう。

なぜなら、ブログは「投入した時間」が武器になる世界です。
早く始められればそれだけ有利な立場に立てます。

僕は、ブログを続けて1年で会社員の頃の収入は超え、2年目の終わりには、月収100万円を超えることができました。

正直なところ、最初の半年はほぼ無収入状態だったので、かなりキツかったです。
思い出すのも嫌なくらいですが、この時期を耐えて1年続けたら、結構人生が変わりました。

と同時に、後悔もしました。
だって、最初にブログに挑戦したのは今からおよそ15年前です。

当時からブログを続けていれば、一体今いくら稼げるようになったのか・・・と思うと、今でもたまに悔しい気持ちなることもあります。
もしかしたら、今とは全然違う人生になってしまっていたかもしれません。

なのでこのブログを見てくれたあなたが、昔の僕と同じような後悔をして欲しくありません。
ブログが向いていないと、さっさと見切りをつけてしまうのは、あまりにももったいないです。

とはいえ、途中で辞めても問題なし

勘違いして欲しくないのは、「ブログは必ずやるべき」「ブログは絶対続けるべき」と言っているわけではないことです。

要は、「向き不向き」を理由に始めようか迷うのはあまり意味がない、ということですね。
それよりも、まずは最低半年〜1年くらいは続けるつもりで、ブログを書いてみることが大切です。

例えば、途中で他にやりたいことができたら、全然辞めたっていいと思います。
ただ、もしも1、2ヶ月とかで辞めのだとしたら、それは「向いていなかった」のではなく、何か他の理由があっただけなのかなと。

簡単に向き不向きを判断してしまうと、可能性を狭めてしまうことにもなりかねません。
なので、「向いていない」という結論を出すのは、慎重にやった方がいいです。

まとめ:考えるよりもまずは手を動かしてみよう

ブログ 向き不向き 書く

おおげさでなく、ブログは人生を変える可能性があるパワフルなツールです。
それでいて、大してコストもかからないので、失敗のリスクはほぼゼロ。

始めるためのハードルは限りなく低いうえ、リターンが大きいなんて最高ですよね。
なので、せっかく今ブログを始めようとしていたり、あるいは、すでに始めているのなら、まずは1年だけでも続けた方がいいと思います。

向いているとか、いないとかを考えるのはその後でも遅くありません。
考えるよりも、まずは手を動かしてみましょう!