ブログは毎日更新する必要ない【それよりも質にこだわろう】

アバター / ブロガー兼Webデザイナー
ブログ 毎日更新

こんにちは、いっちーです。

ブログを毎日更新すべきか悩んでいる人
「ブログって毎日更新しなきゃいけないの?どう考えても自分には無理な気がする…。実際のところ、本当に毎日更新が必要なのかが知りたい。」

今回は、こういった疑問に答えます。

本ページの目次

  1. ブログを毎日更新する必要なんてない
  2. 100記事まで早く到達するための「毎日更新」はアリ
  3. 毎日更新にこだわりすぎないこと

この記事を書いている僕は、ブログ歴4年。
月間300万PV超えのブログのほか、複数のブログを運営しています。
ブログの月収は毎月7桁ほどです。

ブログを毎日更新した方がいいのか?
については、色々な意見がありますよね。

実際、僕自身も昔は毎日ブログを更新している時期がありました。
が、今は毎日書いてはいません。

理由は、毎日書かなくてもブログは成長するということが、体験としてわかっているからです。
この記事は、ブログを毎日更新することについて、僕なりの考えをまとめてみました。

アフィリエイターとしてではなく、ブロガーとして毎日ブログを更新すべきなのかどうか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。
3分くらいで読み終える内容だと思うので、よろしければお付き合いください
m(_ _)m

ブログを毎日更新する必要なんてない

ブログを毎日更新する必要はない

ブログの記事に求められるのは、量ではなく質です。
もし、記事の質を落としてでも毎日更新することにこだわっているのなら、今すぐやめた方がいいと思います。

別に毎日更新できなくてもいいので、1記事1記事力を入れて、丁寧に書いていくべきです。
完璧な記事を目指す必要はありませんが、手抜きの記事をいくら書いたところで読者にもあなたにもプラスになりません。

とはいえ、初心者の頃は量も大事

多くのブロガーが「ブログを毎日更新すること」を勧めていますよね。

おそらく、その理由は初心者の人には量稽古が必要だからです。

ブログを初めて最初の頃は、1記事をきちんと書き上げること自体が結構ハードに感じるもの。
「ブログは毎日更新することが大事」という意味は、まずは記事を書くことに慣れさせる目的だと思います。

ただ、初心者の時期を過ぎて、ブログの運営に慣れてきたら、量よりも質を求めていく段階に入っていく必要があるのは確かです。
毎日更新したといっても、それだけでブログのアクセスや収益を伸ばし続けるのは難しいでしょう。

100記事まで早く到達するための「毎日更新」はアリ

100記事までは毎日更新

個人的には、100記事に早く到達するために、毎日更新するのはアリだと思ってます。
なぜならば、100記事くらいから、良いブログと悪いブログの差が出始めるからです。

いわば、ブログの答え合わせができるわけで、その答え合わせは早いに越したことはありません。
200とか300記事書いてから答え合わせするのは、遅すぎると思います。
逆に、50記事とかでブログの質を判断すぎるのは早すぎます…。

なので、100記事くらいで現段階でのブログの実力を見極め、改善点を見つけていくことが大切です。

例えば、改善点を見つける指標の一つにPVがあります。
通常、100記事以上あれば、月に1万PVくらいのアクセスが見込めます。

もし、1万PVのアクセスがないのだとしたら、ブログのジャンル、キーワードの選び方、記事の書き方など、どこかしらに改善点があるはずです。

経験談:100記事書き終えてわずか5,000PVでした。

ちなみに、僕自身も最初の頃、ひたすら量を追い求めてブログを書いてました。
さすがに最初の2ヶ月は毎日記事は書けませんでしたが、3ヶ月目に入ってからは毎日更新を欠かしませんでした。

ですが、100記事書き終えた時点で月間PVはわずか5,000足らず。
さすがにこれは低すぎるだろ…と思い、最初にやったことは「アクセスのない記事の削除」です。

思い切って30記事ほど削除し、その後1ヶ月かけて新しい記事を30記事入れて100記事に戻しました。
結果、これが当たりまして、記事数は同じ100記事なのにも関わらず、翌月にはアクセスが3倍以上に。

僕の場合だと、不要な記事を削除したことでブログ全体の評価が高まった、ということになります。

このように、100記事に到達した段階で改善策を考えるのは、結構有効な打ち手だと思うので、おすすめです。
で、そのためにも、「最初の100記事を手抜きしないで早めに書き上げる」ということに最初は集中した方がいいと思います。

ある程度ブログが成長してきたら

これも個人的な意見ですが、150〜200記事くらいに到達したのなら、より質を重視したブログへと舵を切っていくのがおすすめです。

ジャンルにもよりますが、通常であれば、それくらいの記事数があれば月に数万〜数十万PVも十分に狙えるからです。
それだけアクセスがあれば、収益も月10万以上は発生してきます。

逆に言えば、アクセスも収益もそこまでに至らない場合は要注意。
このまま同じやり方を続けていても、あまり大きくは伸びていかない可能性が高いです。

ちなみに、僕は150記事超えたあたりから、毎日新しい記事を書くだけではなく、過去記事のリライトも並行して行いました。
最初の頃に書いた記事でいまいち伸びていなかった記事を、リライトによって改善していったわけです。

リライトを行う時間を確保するために、新規記事を書くペースをそれまでの毎日から、週3〜5記事程度に落とすことになります。
それまでの4ヶ月間は毎日新規記事を書いていたので、最初はペースを落とすのが怖かったです。

ただ、ペースを落としてもアクセスは減るどころか、むしろどんどん増えていってくれました。

「新しい記事って必ずしも毎日書かなくても問題なないんだな」と実感した瞬間です。

結果的に、274記事を書いた時点で月のアクセスは100万PVに達していました。
そのブログは、以降も週3〜5記事のペースを維持し、現在は300万PV以上を安定して集めてくれています。

結局、ブログでは質の良い記事をいかに増やすかがポイントです。
実は新しい記事を毎日書かなくてもアクセスは伸びます。

新しい記事を書くペースを落としてでも、過去の記事で伸び悩んでいるものを改善する。
その方がブログを伸ばす近道だと思っています。

毎日更新にこだわりすぎないこと

毎日更新にこだわらない

毎日更新しなくてもブログで成果を出すことは十分に可能です。
逆に毎日更新したからといって、必ずブログで成果が出るわけではありません。

ブログの書き方や向き合い方は色々なスタイルが合っていいと思います。
ただ、個人的には毎日更新することにはそんなにこだわらなくてもいいのかなと。

正直、毎日手を抜かないで記事を書くのって、結構大変です。

専業で書いている人ならまだしも、副業や複業でブログを書いている場合は、かなりキツイはず。

それよりも、週に3記事でもいいので、1年、2年とブログを続けることの方が重要です。

毎日書ける人は書けばいいですし、書けなければ書けないで構いません。
結局、ブログは続けてこそ価値が最大化するものだと思うので。

それでは、今回は以上となります。
「毎日更新」にこだわり過ぎず、1記事1記事の質を高めていくようにしましょう。