WordPressは初心者には難しい?【思ったより簡単です】

アバター / ブロガー兼Webデザイナー
wordpress 初心者 難しい

こんにちは、いっちーです。

giomon_man
「WordPressは初心者には難しいのかな?
というか、本当にWordpressが必要なのかも知りたい。なんだか途中で挫折しそうだし…。」

今回はこういった疑問にお答えします。
 

本ページの目次

  1. WordPressは初心者でも簡単です
  2. 初心者がWordPressで挫折しないための3つのポイント

ちなみに、この記事を書いている僕は、WordPressでのブログ歴4年。
現在はフリーランスのWebデザイナーとして企業のWebサイトを制作しています。
 

1.WordPressは初心者でも簡単です

wordpress 初心者
 
なぜかというと、理由は簡単。
WordPressは日本で一番使われているブログソフトだからです。
以下は海外の資料を元に作成したランキングです。
 

日本のブログソフトウェア(CMS)ランキング※2020年1月時点

順位 CMS名 シェア率
1位 WordPress 82.0%
2位 Adobe Dreamweaver 2.8%
3位 ECCUBE 2.3%

 
(※引用元:https://w3techs.com/technologies/segmentation/cl-ja-/content_management)
 
ご覧の通り、2位以下を大きく引き離し、なんと82%ものシェアを誇ります。
また、日本だけでなく世界全体で見ても60%のシェアと、こちらも文句無しの1位です。

いわば、WordPressは『地球上で最も使われているブログソフト』と言っても過言ではありません。

シンプルに考えて、初心者に難しいブログソフトがここまで人気になるでしょうか?
初心者でも扱いやすいからこそ、みんなに使われるようになった、と考えるのが自然だと思います。
 
 

わからないことはネットで調べればOK

 
また、利用者が多いということは、「わからないことはネットで調べられる」というメリットにもつながります。

試しに、「ワードプレス 始め方」などで検索してみると、たくさんのブログが出てくると思います。このブログのように個人がWordPressについて書いたブログもありますし、企業の人が書いているブログも多数存在します。

初心者から中級者、さらには上級者向けの情報が豊富にネット上に転がっている状態です。
僕自身が初心者だった頃のことを思い返しても、大半の問題はググれば解決できてしまった記憶があります。

もし、あまり使われていないようなブログソフトだと、こうはいきませんよね。

といったわけで繰り返しですが、WordPressは初心者でも全然大丈夫です。

わからないことは検索すればほぼ解決できるので、普段仕事や遊びでパソコンを触っている人なら、誰でも始められるはずですよ。
 
 

なぜ「WordPressが初心者には難しい」と言われるのか?

 
おそらくですが、最初の段階でつまずく人が多いからだと思います。

いざWordPressを始めようと思うと、最初にやらなければならないことがそれなりに出てきます。

ざっくり挙げると、次のような作業が必要です。

  • レンタルサーバーを契約する
  • 独自ドメインを取得する
  • WordPressをインストールする
  • WordPressのテーマをインストールする
  • 初期設定をする

ほとんどの人は、「レンタルサーバー」や「独自ドメイン」などの専門用語が出てきた途端、気が重たくなるようです…(僕も最初の頃はそうでした)。

言葉の意味がわからないと、それだけでやる気が萎えてしまったり、ストレスになってしまいますよね。
特にサーバーやドメインを使うには、多少なりともお金を払う必要がありますので、なおさらです。

ここで大事なのは、最初からすべてを完璧にやろうとしないこと

サーバーをどの会社にするか、ドメインを何にするかなどはある程度適当でOK。
また、WordPressのテーマ選びや初期設定も、最初はなんとなくで構いません。

とにかく準備にかける時間は最低限にして、最初のステップを乗り越えることが重要です。
 
 

疑問:そもそもWordPressじゃないといけないの?

 
結論から言うと、今からブログをビジネスとして始めたいのならWordPress一択です。

はてなブログやライブドアブログなど、無料のブログで始めることもできますが、無料ブログの所有権はサービスを提供している企業の側にあります。
どれだけがんばって記事を書いても、それはブログはあなたのものにはなりません。

企業側がブログサービスを辞めた途端、これまでの努力はゼロになってしまいます。
さらに、無料ブログだと企業が定めたルールに従う必要があるので、自由なブログ運営が出来なかったりもします。

また、WordPress以外のブログソフトもあるにはありますが、先ほど述べたように日本においてWordPress利用者はダントツです。
この状況で、わざわざ利用者の少ないブログソフトを選ぶのは、初心者の人ほど避けるべきです。

結論、趣味ではなく、本気でブログをビジネスにしたいのなら、迷わずWordPressを選びましょう。
 
 

2.初心者がWordPressで挫折しないための3つのポイント

wordpress 初心者 挫折

 
以下の3つに注意すれば、スムーズにWordPressを始められると思います。
 

1.WordPressに適したサーバー会社を選ぶ

 
具体的に言うと、エックスサーバーがおすすめ。
WordPressを超簡単にインストールできるうえに動作も快適だからです。

僕も最初は別のサーバーで WordPressを始めたのですが、途中でエックスサーバーに変えてからはずっと使っています。

エックスサーバーについては、下記の記事でもう少し詳しくまとめています。
>> 【初心者向け】アドセンスにおすすめなサーバーは?【契約後の流れも解説】
 

2.デザインにこだわりすぎない

 
余程の理由がない限り、最初はデザインのことを気にしなくて大丈夫です。
初心者の人に多いのが、テーマ探しやテーマのカスタマイズに時間をかけすぎることです。
(かく言う僕もその一人でした…)

WordPressのブログは自由度が高いので、テーマ次第で色々なデザインにすることが出来るのですが、そこが仇になってしまうのですね。

ブログを初めて半年くらいはデザインは最低限でOK。
まずは質の良い記事を書くことを最優先にしましょう。
 

3.設定に時間をかけすぎない

 
デザインと同じく、設定に時間をかけすぎる人もいます。
少しネットで調べれば、「SEOに効果的な設定」や、「便利なプラグイン」など色々紹介されていますからね。

ただ、ここにも時間をとられすぎると、肝心の記事を書くための時間やエネルギーを奪われてしまいます。
年々、Googleの評価は「記事の中身」を最も重視する方向に変わっています。

最低限の初期設定だけしておけば、それ以上の設定はある程度適当でもOKです。
あまりにもテクニックに走りすぎないようにしましょう。
 
 

結局は、『なんのためにWordPressを始めるのか?』が大切です。

 
WordPressの勉強をするためにWordPressを始めるのならまだしも、ブログを書くために始めたのなら、記事を書く以外のところはさっさと終わらせてしまいましょう。

ある程度記事数を書いていくと、アクセスも徐々に増えてきます。同時に色々とやりたいことや疑問も生まれてくると思いますので、その時に調べて解決していけば大丈夫です。

後から「最初からこれを選んでいればよかった…」と思うことも出てくるかもしれませんが、たいていのことは後からリカバリーできるはず。

完璧主義を捨てて、もっと気楽に始めてみましょう。
きっと思ったより簡単にできると思いますよ。